スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    スポンサードリンク * - * * - * - * - -

    超シンプルに稼ぐ方法〜マジックキャッシュバイナリー〜 5000円オフ

    0

      超シンプルに稼ぐ方法〜マジックキャッシュバイナリー〜 

      超シンプルに稼ぐ方法〜マジックキャッシュバイナリー〜 




      下記のサイトで購入すると最大5000円還元されます!
      超シンプルに稼ぐ方法〜マジックキャッシュバイナリー〜







      弊社が投資の専門会社で、主にFXを取り扱っている・・・という事は、先にお話ししたとおりです。

      で、バイナリーが二者択一のシンプル取引で、取り扱い商品は多岐に及ぶ・・・というのも、既にお話ししました。


      これらの前提からある程度予想出来るかと思いますが、マジックキャッシュバイナリーで対象となるのは「為替レートのドル/円通貨ペア」を対象にロジックを組んでおります。


      バイナリーなので当然二者択一。

      決められた時間(判定時刻)に、現状価格(OPEN価格)より上がるか下がるかを予測するので、何のロジックも持たずに取引を行っても勝率は50%です。

      そこに、FXで幾つものロジックを開発し、長年運用を続けている弊社のロジックを応用すれば、勝率を50%以上に保つのはそこまで難しいことでは御座いません。

      正確には勝率が51%でも勝てない(ペイアウト倍率の問題で)のですが、当然ペイアウト倍率を加味して勝率を割り出しロジックを組んでおりますので、心配には及びません。

      超シンプルに稼ぐ方法〜マジックキャッシュバイナリー〜


      で、そのロジックですが、余り難しくならないように簡単にご説明しますと、主に転換線、基準線、及び各種移動平均にて売買気配を確認し、そこに各統計フィルターをかけて方向性を決定。

      と言うロジックとなっております。


      このロジックがバイナリーオプションに最適だと判断した経緯ですが、ある程度確立された複数の"FX"のロジックを多次元尺度構成法にてグループ化していき、勝率に特化したロジックを選別して行きます。その後クラスター解析にて分類して絞り込みをかけます。絞り込んだロジックを検証したり、掛け合わせたりして出来たロジックが先程のロジックです。


      話が少し小難しい話になってしまいましたが、要はかなりフィルタリングと検証を繰り返して出来たロジックなので、弊社は自信を持って運用しているのです。と言うことです。

      超シンプルに稼ぐ方法〜マジックキャッシュバイナリー〜

       

       

      はい。

      確かにいくらロジックの説明をされても、具体的な実例がないと分かりにくくて仕方御座いません。

      とは言え、ロジックの内訳をこの場で暴露してしまう訳にはいきませんので、ドストレートにロジックの詳細はお話出来ませんが、そのロジックが有効である事を立証してくれる要素を幾つかお話しします。


      これは、フィルタリング要素の1つではありますが、この要素1つをとってもバイナリーで稼ぐには十分な具体的手法です。ぜひ参考にしてみて下さい。
      ※試しに実践して、実際に稼いでみる事をオススメします。

       

       

       

      ファンダメンタルズとは「経済の基礎的条件」と訳されており、一般的には「経済指標」を使った投資手法の事を指します。

      FXで経済指標とは国の経済状況を表す指標の事で、これらの指標発表時には結果の善し悪しで相場が動く為、多くのトレーダーが注目するものです。

      主な経済指標として、雇用統計をはじめISM製造業景況指数、ISM非製造業総合景況指数、貿易収支、小売売上高、消費者物価指数<CPI>等が挙げられます。

      FX会社


      ここまでは宜しいでしょうか?

      ここから、これらの経済指標を使って具体的にバイナリーで稼ぐ手法をお話ししますね。


      分かり易くする為に、ひとまず「ドル円」を対象にお話しします。

      ドル円を対象にしているので、当然「アメリカ(米国)」の経済指標を見ていかなければいけません。対象となる経済指標も複数ありますが、ここでは「雇用統計」を例にお話しします。


      米国雇用統計は、毎月第1金曜日のNY時間午前8時30分(日本時間21時30分、米国が冬時間の時は22時30分)に、米労働省から発表されます。

      この雇用統計にも内訳がいろいろありますが、特に「非農業部門雇用者数」という項目が重要視されています。


      雇用統計は発表前から事前に「予想数値」が出ており、実際に発表された数値と比較して「良い」「悪い」という判断がなされます。


      例を挙げると、直近の米雇用統計は2011年5月6日に発表されましたが、そのときの非農業部門雇用者数予想数値は「18.5」で、結果は「24.4」でした。

      つまり、結果は予想より良い結果。すなわちドル買い要因になるので、ドル高円安に動く可能性が高い・・・という事です。
      ※実際ドル高円安に動きました。


      これをバイナリーの取引に当てはめると、雇用統計発表後の判定時刻に「円安」と予想すればいい訳です。

       

      FXトレジャーシップ FXトレジャーシップ Wリッチ225LAST 日経225先物サイン判定ソフト Wリッチ225LAST 日経225先物サイン判定ソフト Wリッチ225LAST Wリッチ225LAST


      シンプルとは言え投資です。これだけで勝てる程甘くは御座いません。


      そこで、少しだけルールを追加してみます。

      ■誤差「1」以下の場合は取引しない


      これは、予想数値と実数値との差が「1」以下の場合は取引しないというルールですが、こういったルールを設ける事で絞り込みをかけることができます。

      その分取引回数は減ってしまいますが、その反面勝率を高める事は可能です。


       

      simplebinary * 超シンプルに稼ぐ方法〜マジックキャッシュバイナリー〜 * 23:41 * - * - * - -
      このページの先頭へ